「悩み」の○%は取り越し苦労?

あなたも悩むことはあるでしょう。もしもの事態を想像すると、不安が襲ってきてたまらなくなる。

でもね、不安になって悪い状況ばかりを考えていると、本当に事態は悪い方へ向かっていきます。

それに対して、根拠がなくても楽観的に前向きに、アッケラカンとしていると、案外物事は好転したり、悪い方へ向かってもちゃんと解決出来たりするの。今日は、ひすいこたろうさんが教えてくれたそんなお話をシェアしますね。

「悩み」のほとんどは、取り越し苦労?

仕事をしている上でも、毎日の生活の中でも、「悩んでしまう」ことってあるでしょう。

その「悩み」が、ものすごい大変な事のような、まるでお先真っ暗のような気がして滅入ってしまうかもしれません。

前を見れないような心の重さになってしまう。人間だもの、そんな時もありますよね。しかし、先日読んだ本にこんな事が書かれていました。

アメリカのある大学が「心配事」に関する調査をした。

その結果、心配事の80%は実際に起こらずに済んでいたことがわかった。

本当に起きてしまうのは、残りの20%。

しかし、その20%のうちの80%は、順序だてて整理し、準備を怠らなければ「大事に至る前に解決出来る」。

ということは、本当にどうしたらいいかわからないような心配事というのは、実は全体のわずかに4%なのだ。

それはつまり、あなたを悩ませている事の96%は、ただの取り越し苦労だと言える。

**引用元はこちら**

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加