「悩み」の○%は取り越し苦労?心にズドンと響く運命の言葉を読んでもっとラクになろう!

書籍紹介

あなたも悩むことはあるでしょう。もしもの事態を想像すると、不安が襲ってきてたまらなくなる。

でもね、不安になって悪い状況ばかりを考えていると、本当に事態は悪い方へ向かっていきます。

それに対して、根拠がなくても楽観的に前向きに、アッケラカンとしていると、案外物事は好転したり、悪い方へ向かってもちゃんと解決出来たりするの。今日は、ひすいこたろうさんが教えてくれたそんなお話をシェアしますね。

「悩み」のほとんどは、取り越し苦労?

仕事をしている上でも、毎日の生活の中でも、「悩んでしまう」ことってあるでしょう。

その「悩み」が、ものすごい大変な事のような、まるでお先真っ暗のような気がして滅入ってしまうかもしれません。

前を見れないような心の重さになってしまう。人間だもの、そんな時もありますよね。しかし、先日読んだ本にこんな事が書かれていました。

アメリカのある大学が「心配事」に関する調査をした。

その結果、心配事の80%は実際に起こらずに済んでいたことがわかった。

本当に起きてしまうのは、残りの20%。

しかし、その20%のうちの80%は、順序だてて整理し、準備を怠らなければ「大事に至る前に解決出来る」。

ということは、本当にどうしたらいいかわからないような心配事というのは、実は全体のわずかに4%なのだ。

それはつまり、あなたを悩ませている事の96%は、ただの取り越し苦労だと言える。

**引用元はこちら**

その悩みは現実的だろうか?

悩みもいろいろあるので、一言で片づけてしまうことは出来ません。

でも、本当に起こってしまうのかどうかもわからないような事で悩み続けるのは、もったいない気がしますよ。

私はかなりポジティヴな人ですが、それでも心配する時はどえらく心配して、動悸がする事もあります。でも大抵、本当に最悪のシナリオ通りになってしまう、という事はありません。

あ~、なっちゃうなっちゃう~!そうなっちゃったらどうしよう~!と思い続けるだけなら、そうなってしまうかもしれない。

だけど、あまり思い詰めず、他の事を考えるように/他のことに集中?没頭してしまうような事をするんです。するとね、意外とあっさり解決策が見つかったりします。

自分で「おお!この手があったか!」と、はっきりわかる解決策ではなくても、気づいたら解決に向かって行動していたりする。きっと、そんなもん。それが取り越し苦労。

なんだって、あれこれ思い悩むより、やった方が早い。やみくもにとまでは言いませんが、がむしゃらにやってるうちに突破口が見つかったり、出来てたりします。な~んだ、そんな感じでいいのか~、と思えたら、心臓がバクハツするような心配事をする/抱え続ける事は、なくなるから不思議!

昨夜からの私の悩みの種は、「おなかすいてたまらない」(笑)。悩みのうちにも入らないですね。

「悩み」の○%は取り越し苦労?心にズドンと響く運命の言葉を読んでもっとラクになろう!のまとめ

  •  悩みのうち96%は取り越し苦労だというアメリカの大学の調査結果が出ている!
  • その悩みは本当に起こる現実的なものなのか?視点を変えて向き合ってみよう!

そして今の私の悩みは、「眠い!早く帰って気の済むまで寝たい!」です(笑)。それを実現するため、今日も1日楽しみますよ!

ひすいこたろうの幸せの種は歴史の中にある!人生に悩んだら「日本史」に聞こう!
筆者は「ひすいこたろう」さんの文章が好きです。ひすいこたろうさんの本は読みやすいだけじゃなくて、読んでいる最中も読んだ後も「幸せ」で心が満たされるの。 そしてね、ひすいこたろうさんの本は「幸せ」を感じるだけじゃなくてね、自分の人生に役...
「ココロの教科書」は元気が湧くオマジナイ
心が弱る時、あなたにもきっとあるでしょう。人間ですもの。心が弱ったり折れたりすることがあっても不思議ではないし、変なことでもありません。 そんな時に読むと元気が出る本に出会いました。ひすいこたろうさんとスズキケンジさんの著書です。「コ...
54のすごい言葉があなたの壁を破って人生を豊かに出来るとしたらどうする?
あなたは今までの人生で、何か壁にぶつかって意思を・行動を阻まれた事はありませんか? 筆者はあります。一度や二度ではありません。 壁と言っても、本当は少しの勇気とあと一歩の行動力があれば超えられたであろうものから、この世から消えてしまうし...
スポンサーリンク