香港エクスプレスに乗るならおすすめの座席はココ!意外と美味しい機内食も予約がお得!

香港のLCC(ローコストキャリア)「香港エクスプレス」は、日本国内10の空港と香港を結ぶ直行便があります。香港以外にも、中国・ベトナム・タイ・台湾・カンボジアへの便が出ていますよ。

LCCに乗る時、「座席」や「機内食」が気になりませんか?LCCの飛行機に乗るには、「座席指定」をしたり「機内食」を頼むと、別料金が加算されます。では香港エクスプレスに乗る時、「座席指定」や「機内食」について、気をつけたいのはどんなことでしょうか?香港エクスプレスの「座席を選ぶポイント」と「機内食」について、私のオススメをお話ししてまいります。

香港エクスプレスに乗るならおすすめの座席はココ!

私が初めて香港エクスプレスに乗った時は、座席が狭いのではないか?窮屈ではないか?少しは足が伸ばせるのだろうか?と言うことが気になっていました。私が実際に何回か香港エクスプレスに乗ってみて感じたこと、香港エクスプレスでの座席の私のオススメをご紹介します。

香港エクスプレスの座席は3種類あります。以下の通りです。

スイートシート 180香港ドル
(約2,500円)
足元が広くゆったりした座席。
一般航空会社のビジネスクラスに相当。
アップフロントシート 85香港ドル
(約1,200円)
2〜5列目の座席。スタンダードシートと同じ広さの座席ですが、前方にあります。
目的地に到着したら「早く外に出られる」ことを売りにしている座席。
スタンダードシート 50香港ドル
(約500円)
スイートシート・アップフロントシート以外の全ての座席。
一般航空会社のエコノミークラスに相当。

※ 座席の値段は改定する場合がありますので、ご参考まで。

香港エクスプレス、夜中便のおすすめの座席はココ!

私は香港エクスプレスの夜中便に、何回か乗ったことがあります。香港エクスプレスに乗るたびに、選ぶ座席を変えてみました。香港エクスプレス夜中便の座席選び、私のオススメはこちらです。

  1. 最前列
  2. 中ほどにある「スイートシート」が2列ある場合はその1列目
  3. 中ほどにある「スイートシート」の前の席
  4. 最後列
  5. 2〜4列目の「アップフロントシート」

では、これらの座席についてお話ししていきます。

1, 最前列

香港エクスプレスの座席は、真ん中の通路を挟んで両側に3席ずつあります。香港エクスプレスの2列目から後ろの席は、通路側以外の座席を選ぶと、トイレに出るのが大変です。しかし、最前列なら通路側以外の座席を選んでも、それより前に席はありませんから、トイレに出るのはラクです。フライト中、寝る場合には、足元が広々としているのは体がラクですね。

香港エクスプレスの最前列は「スイートシート」で、この座席を選ぶと「180香港ドル(約2,500円)」かかります。「スイートシート」は、香港エクスプレスで1番値段が高い座席です。

「スイートシート」は、足元が広くなっています。機体によっては、前についたてがある場合もありますが、ついたてのある最前列の席でも、身長164センチの私は足をまっすぐ伸ばすことが出来ました。

香港エクスプレスの最前列の中で、私の1番のオススメの座席は「窓側の席」です。窓側の席なら、窓側の壁に頭を預けて寝る事が出来るので、良いですよ。

スポンサーリンク

2, 中ほどにある「スイートシート」が2列ある場合はその1列目

香港エクスプレスの機体の中ほどにも「スイートシート」があります。最前列の「スイートシート」との違いは、「前に座席があるかどうか」です。

フライトによって違いますが、この中ほどにある「スイートシート」が2列ある場合は、その1列目がオススメの座席です。

スイートシートの1列目でも2列目でも、足元が広いのは同じこと。スイートシートの1列目と2列目の違いは、「後ろの席との距離」です。スイートシートの2列目の場合は、その後ろの座席は「スタンダードシート」になっています。後ろの「スタンダードシート」は足元が狭く、前の座席の背もたれに足(膝)が当たりやすいです。

せっかく「スイートシート」を選んでも、2列目の座席では、後ろの人の足が背もたれに当たるたびに「蹴られた」ように感じます。しかし、中ほどの「スイートシート」の1列目の座席を選べば、後ろの座席も足元が広いので、後ろに座る人が気にならず、快適な時間を過ごせますよ。

3, 中ほどにある「スイートシート」の前の席

香港エクスプレスの「スタンダードシート」の中で一番オススメなのが、この「中ほどにあるスイートシートの前の席」です。(スタンダードシートは、50香港ドル(約700円)です。)

私が香港エクスプレスで「中ほどにあるスイートシートの前の席」をオススメする理由は、「背もたれ」です。後ろの座席の人の足(膝)が、自分が座席の背もたれに当たると、その度に「蹴られた」ような嫌な思いをします。

香港エクスプレスの「スイートシート」は、前の座席との間隔を広くとっています。そのため、「スイートシート」の前の座席なら、後ろの人の足(膝)が背中に当たる(蹴られる)ことは気になりませんので、オススメです。

4, 最後列

最後列は「スタンダードシート」です。最後列の座席の良いところは「後ろに人がいない」ことです。フライト中「後ろの人を気にしなくていい」と言うのは、ストレスが少なくて済みます。

5, 2〜4列目の「アップフロントシート」

香港エクスプレスは、2列目から5列目までが「アップフロントシート」になっています。「アップフロントシート」とは、「前方の座席なので、目的地に到着したら早く出られますよ」と言うだけで、実際の座席は一般航空会社の「エコノミークラス」に相当する「スタンダードシート」と同じです。

「アップフロントシート」は、「85香港ドル(約1,200円)」です。香港エクスプレスの「アップフロントシート」は、足元が広いという利点はありません。座席の間隔はスタンダードシートと同じです。

スタンダードシートと同じなのに、どうして「アップフロントシート」をオススメする理由は、「座席が広いわけでもないのに、スタンダードシートより値段が高い」ので、選ぶ人が少ないからです。

香港エクスプレスとしては、「飛行機が目的地に到着したら、前の座席は早く降りることが出来ますよ」ということを「アップフロントシートの利点」としています。

スタンダードシートより「早く降りることができる」とは言いつつも、実際には飛行機を降りてバスで空港ビルまで移動する、と言う場合もあります。この時はあまり早く降りても意味がなくなりますね(笑)。それでも飛行機の中でイライラしながら待つことも少なく、空席の場合が多い、と言うことからオススメです。

しかし、満席になることもありますので、これは少々掛けなので、「最後のオススメ」です。運が良ければ、横並びの3席を独り占めする事も出来ますよ。

香港エクスプレス、日中のフライトならオススメの座席はココ!

次に、香港エクスプレスの「日中のフライトのオススメの座席」をご紹介しましょう。

  1. 最前列の窓側
  2. スイートシートの前の列の通路側

では、この2種類の座席を選ぶ理由をお話しします。

1, 最前列の窓側

香港エクスプレスの日中のフライトなら、窓からの風景を楽しむことをオススメします。

東京から香港へのフライトなら、途中「富士山」を堪能出来ます。富士山以外でも、雲の様子や地平線、陸地が見えるところなら、その地形や街の様子を味わうのはフライト中のお楽しみです。最前列なら足元も広いですし、窓側でもトイレへ立つのに周りの人を気にしないで済みますよ。

2, スィートシートの前の列の通路側

次にオススメするのは、「スイートシートの前の列の通路側」です。

香港エクスプレスで「スイートシートの前の列の座席」をオススメする理由は、夜中便でオススメしたのと同じ理由で、後ろの人の足(膝)が気にならないこと。そして通路側ならトイレに立ちやすいことです。

夜中便のオススメと日中便のオススメに違いがある理由

夜中便は、「快適に寝る」ことをポイントにしてオススメしています。私が夜中便に何度か乗った経験から「ここだ!」と言う座席をご紹介しました。

日中便でも、あなたが「寝る」ことを第1に考えるなら、「夜中便のオススメ座席」を参考にして下さい。

私が日中便に乗った時は、「窓からの景色を楽しむこと」「食事をすること」にポイントを置いていました。もしあなたが飲食を楽しむなら、トイレに何回か行きたくなるでしょう。その場合は「トイレへ出やすい座席」であることは大事です。

このような点から、夜中便と日中便のオススメ座席を分けてご紹介しました。

香港エクスプレスの機内食は意外と美味しい!予約がお得!

機内食の「点心セット」です。「ちまき」や「エビ餃子」「シュウマイ」など、ホカホカで美味しいですよ!

香港エクスプレスの機内食は、デニッシュから点心・パスタ・牛丼・和風弁当など、種類が豊富です。(デニッシュとは、パンの一種で、クロワッサンに似たような食感の食べ物です。)

値段は45香港ドル(約630円)から105香港ドル(約1,500円)まで、メニューによって変わります。デニッシュやフレンチトーストが45香港ドル、そば弁当と牛肉弁当が105香港ドルです。(値段は改定することがありますので、ご参考まで。)

香港エクスプレスのフライト・チケット予約画面の中で、機内食を選択するところがあります。機内食で食べたいものがあれば、チケット予約の時に一緒に予約しておくことをオススメします。機内でもオーダー出来ますが、在庫がない場合もあるため、事前予約がオススメです。

機内食の「点心」「パスタ(ペンネのバジル・クリーム入り)」にタイの「レッド・チキン・カレー」「牛丼」「豚煮込みご飯」などは、意外と美味しいです!私はパスタが好きなので、「ワインとペンネ」は何度も頂きました。「ビールと点心」もオススメですよ。香港行きのフライトなら、ぷりっぷりした食感の「点心」を食べると、香港への期待度もMAXに上がるでしょう。

機内食はフライト・チケットの予約画面で一緒に予約すると、ペットボトルのお水が付いてくるのでお得ですよ。

香港エクスプレス座席と機内食のまとめ

  • 香港エクスプレスの夜中便に乗るなら、おすすめの座席は「最前列」「中ほどのスイートシートの1列目」「中ほどのスイートシートの前の列」「最後列」「2〜4列目のアップフロントシート」!
  • 香港エクスプレスの昼間の便に乗るなら、おすすめの座席は「最前列の窓側」か「中ほどのスイートシートの前の列の通路側」です!
  • 香港エクスプレスに乗るなら、意外と美味しい機内食を予約しよう!

香港エクスプレスに乗るときに気になるのが「座席」と「機内食」。どんなに短いフライトでも、数時間は同じ座席にいなければなりません。座席にこだわると、快適なフライトになります。

飛行機の中は、結構冷えます。そんなとき、お腹から幸せになれるのが、香港エクスプレスの温かい機内食です。ぜひ味わってくださいね。ガッツリ食べたければ、ご飯ものを。ちょっと小腹を満たしたいなら絶対「点心」がオススメですよ。

↓↓こちらの記事もオススメ!↓↓

香港に深夜早朝に到着したら空港から市内に出る方法!絶対食べたいホテルの朝食おすすめ5選!

香港のインタウンチェックインは超便利!時間とオクトパスの使い方に注意してうまく使おう!

香港の入国カードの書き方2019年版!入国審査を早く済ませるe道について教えます!

香港エクスプレスが香港と沖縄を結びます!きゃー!嬉しい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加