香港ビルから大量の紙幣がばらまかれる!クリスマス・プレゼントか?

目の前にお金が降ってきたらいいな、と思った事はありませんか?

香港で街を歩いていたら、空からお金が舞い降りてきた!そんな夢のような出来事が本当に起こりましたよ。

そんな香港の街角ニュースについてお送りします!

ビルの上からお金が降ってきた!

香港でビルの上からお金が降ってきたのは2018年12月15日(土)の午後2時を過ぎた頃の事。

週末ランチを終えて外を歩いていた香港市民を突然襲ったのは、大量の香港ドル紙幣だった!

お金が降ってきたのは香港のどこ?

香港でビルの上からお金が降ってきたのは、九龍半島のシャムスイポ(深水埗)という街。

シャムスイポには香港の若手デザイナーのブランド店やレトロなおもちゃ屋に、今や数少ないワゴン式の飲茶屋があったり、秋葉原のような電気街でもあり、いわゆるB級グルメ店が多くあります。一言で言うなら「ザ・下町!」。

観光客と言うよりは香港市民の街なのです。

筆者は香港島の下町に住んでいますが、もし我が街の路上マーケット街でぶらり買い物している時にお金が降ってくるなんて事が起きたら?と想像すると、今回の事件に遭遇した香港市民達の狂喜乱舞ぶりが目に浮かびます^_^

降ってきた香港ドルは幾ら?

ところで一体幾ら、どれほどの香港ドルが降ってきたと思いますか?

推定ですが、約20万香港ドル(約290万円)だとの事。まるで雨のように降ってくるお札を我先にと香港市民達は群がり、少しでも人より先に早くお金を掴もうと、お店のヒサシを使って降ってくるお金を手にした人もいたとか。

まるでひと昔前のドタバタ香港映画のようで、つい頰が緩みましたよ。

降ってきた金額が推定なのは、回収しきれなかったから。警察が出動する騒ぎでしたが、とっととお金を手にしてニマニマしながら帰った市民も少なくはなかったのでしょう(^^)。

大量に降ってきたのは殆どが100香港ドル紙幣(約1450円)だったそうです。

スポンサーリンク

誰がお金をばらまいたのか?

さて、まるでクリスマス・プレゼントのごとく大量にお金をばらまいたのは、一体どんな人だと思いますか?

香港のビルの上から大量に香港ドル紙幣をばらまいたのは、仮想通貨ビジネスで若くして財を成した黄鉦傑容疑者(24歳)。

仮想通貨ビジネスという所が時代を表している気がします。

ちなみに回収されたのは60枚程の100ドル札(約8万7000円)だったとか。

「お金のヤングマスター」と呼ばれているこの若き実業家は、「貧しい人々を救い、正義のヒーローになりたかった」よう。

ちなみにこの実業家が逮捕されたのは「公共の秩序を乱した」という理由です。

なんだか凄い出来事ですね。良し悪しや方法についてはいろんな意見があるでしょうが、正に映画のよう・夢の中のお話みたいですね。

香港ビルから大量の紙幣がばらまかれる!クリスマス・プレゼントか?のまとめ

  • 香港のビルの上からお金が降ってきたのは2018年12月15日(土)午後2時頃だった!
  • お金が降ってきたのは香港九龍半島のシャムスイポだった!
  • 降ってお金は約20万香港ドル(約290万円)!
  • お金をばらまいたのは仮想通貨で財を成した24歳の実業家だった!

夢のような事件が現実に起こった香港です。あなたの元には今年はどんなクリスマス・プレゼントが訪れるでしょうか?ワクワク・ニマニマしてクリスマスを迎えましょうか^_^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加